草刈りは業者にお任せ!確実に雑草を刈り取る方法

草刈りを確実にするなら業者依頼がオススメな理由

器具

庭の草木がぼうぼうに伸びている場合、家の景観は著しく悪くなります。よって、伸び切った雑草は草刈りを行い、刈っていかなければならないのですが、庭の規模によっては自分で草刈りを行うのは非常に困難です。

確実な草刈りが重要

草刈りを自分で行う場合、リスクは非常に多いです。夏場に行うと熱中症のリスクもある上に刈りそこねた草がまた生え始め、再発するというリスクも生じます。

再発と大増殖を起こす植物
植物の中には生命力が非常に強く、大繁殖するものが多いです。特にミントやドクダミは生命力も繁殖力も凄まじく、少しでも刈り残しがあった場合は、また一気に大繁殖をして元の木阿弥となってしまいます。
雑草は虫の隠れ家にも
雑草の繁殖で一番厄介なのが害虫の発生です。ヤブ蚊やマダニなど雑草のある所で繁殖する虫は、雑草が伸びていれば伸びているほど大量発生のリスクが生じます。他にもムカデなどが住み着くことも多く、家に侵入される可能性もあります。

まとめ

このように、個人で草刈りを行うと二度手間三度手間になるだけではなく、伸びた雑草が害虫の大量発生の原因となってしまうのです。時間や費用を無駄に浪費しないためにも草刈り業者の利用を検討してみるといいでしょう。

草刈りをお願いしたらどれくらい費用がかかる?

庭の景観をきれいにしたいのなら業者に任せるのが一番確実です。しかし、費用は業者によって変動するので、相場の確認はしっかりとしておきましょう。

庭の草刈り依頼相場

  • ● 草刈りの依頼につき発生する料金の相場
  • ● 草刈り費用:一坪500~700円
  • ● 出張費:3000円(地域によって増減あり)
  • ● 処理費用:1000円前後(処理した雑草、枝の量によって増減あり)
  • ● 人件費:3000円前後(1時間あたりに発生する料金)

再発保証ありの場合も

業者に依頼するメリットとしては、きれいに作業してくれる他にも保証期間がある業者もあるということです。再発した場合保証期間内なら無償もしくは格安価格で草刈りを行ってくれる業者もあるので依頼する際にホームページでチェックしてみましょう。

庭木の剪定で可愛いお庭造り

デザイン剪定“トピアリー”とは

庭木を動物の形に整え、剪定することを、トピアリーといいます。 トピアリーを行うことで庭のデザインをファンシーに、可愛らしくデザインすることができます。 非常に難しい作業のため、基本的に業者に頼むことが多いです。

トピアリーにはどういった種類がある?

トピアリーには種類があります。刈り込み型や立体フレーム型、フラワータイプなど様々あり、種類によって難易度は大きく変わります。

刈り込み型
刈り込み型は最も簡単に行えるトピアリーです。樹木を刈り込んで星型や渦巻き型などにしていくタイプです。黄楊の木やヒイラギ、ボックスウッドなどを用いて作られます。簡単に行える分様々な応用が効くので、自由なトピアリーが行なえます。
立体フレーム型
まず、作りたい動物やキャラクターの形をしたかごを作り、樹木にかぶせて育てていくというトピアリーです。はみ出した部分を選定して育てていけば、かぶせたフレームそっくりの樹木として育てることができます。完成度は高いですが、少々費用がかかります。

まとめ

剪定といっても長さを揃えるだけではなく、剪定次第では可愛い形にすることも可能です。そんなかわいい庭にしていたいのであれば、ぜひ業者に依頼してみましょう。

TOPボタン